伝承の内田氏


内田という武士がこの地方をおさめていた。



 私たちの住んでいる内田は,昔はどんなふうになっていたのでしょう。
 平安時代の終わりごろから鎌倉時代にかけて内田と名乗る武士の一団があったそうです。そのことは,「源平盛衰記」という書物に書かれています。

 遠江国の住人で「内田三郎家吉」と名乗る武士がいました。この武士は,八箇国に名が聞こえた美男で強い男でした。内田三郎家吉は,寿永3年(1184年)の正月,京都を追われて北国へ落ちていく木曽義仲の軍勢と出会いました。そして,木曽義仲に従っていた女将軍「巴御前」と一騎討ちをしました。内田三郎家吉は,力及ばずあえなく討ち取られてしまいました。          (遠江国=昔の国の名前 静岡県の西部地方のこと)

 源平盛衰記には,この戦いのようすがくわしく書かれています。また,「吾妻鏡」という書物や「承久記」という書物には,「遠江国住人内田四郎」について書かれています。
 古い文書によれば,内田一族が「内田庄下郷」の開発をし,その子孫が内田の地頭(鎌倉幕府からその地方の政治をまかされた役)となっています。初代地頭「内田致茂」が遠江国と石見国(現在の島根県の一部)をおさめていて,自分の子どもである「内田致員」に遠江国の地頭をゆずったということが書かれています。
 そのころの内田は,「内田庄上郷」と「内田庄下郷」があったとされ,上郷は今の掛川市上内田になります。上内田には,内田三郎家吉のものと伝えられているお墓があります。
 高田の古川神社の東に「大屋敷遺跡」があります。これは,武家の屋敷あとで,屋敷のまわりに土塁(土を盛り上げた土手状のもの)がめぐらしてあるものです。中世の地頭御家人(鎌倉時代、将軍直属の家臣)の住んでいた屋敷の代表的な物です。内田氏がここに住んでいたと考えられています。