定款4P


(任期)
第12条 評議員の任期は、選任後4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時評議員会の終結の時までとし、再任を妨げない。
2 任期の満了前に退任した評議員の補欠として選任された評議員の任期は、退任した評議員の任期の満了する時までとする。
3 評議員は、第10条に定める定数に足りなくなるときは、人気の満了又は辞任により退任した後も、新たに選任された者が就任するまで、なお評議員としての権利義務を有する。
(評議員に対する報酬等)
第13条 評議員は無報酬とする。ただし、その職務を行うために要する費用の支払いをすることを妨げない。
2 前項ただし記きに関し必要な事項は、評議員会の決議により別に定める。
第5章 評議員会
(構成)
第14条 評議員会は、すべて評議員をもって構成する。
(権限)
第15条 評議員会は、次の事項について決議する。
(1) 理事及び監事の選任及び解任
(2) 貸借対照表及び正味財産増減計算書並びにこれらの付属明細書の承認。
(3) 定款の変更
(4) 残余財産の処分
(5) 基本財産の処分又は除外の承認
(6) その他評議員会で決議するものとして法令又はこの定款で定められた事項。
(開催)
第16号 評議員会は、定時評議員会として毎事業年度終了後3ケ月以内に開催する他、必要がある場合開催する。
2 評議員の議長は、評議員会において互選する。
(招集)
第17条 評議員会は、法令に別段の定めがある場合を除き、理事会の決議に基づき理事長が招集する。
2 評議員は、理事長に対し、評議員会の目的である事項及び招集の理由を示して、評議員会の招集を請求することが出来る。
3 理事長は、評議員会の10日前までに各評議員に通知しなければならない。