定款5P


(決議)
第18条 評議員会の決議は、法令又はこの定款に別段の定めがある場合を除き、決議については特別の利害関係を有する評議員を除く評議員の過半数が出席し、その過半数をもって行う。
2 前項の規定にかかわらず、次の決議は、決議について特別の利害関係を有する評議員会を除く評議員の3分の2以上に当たる多数をもって行う。
(1) 監事の解任
(2) 定款の変更
(3) 基本財産の処分又は除外の承認
(4) その他法令で定められた事項
3 理事又は監事を選任する議案を決議するに際しては、各候補者ごとに第1項の決議を行わなければならない。
(議事録)
第19条 評議員会の議事については、法令で定めるところにより、議事録を作成する。
2 議長及び議長が指名する評議員2名は、前項の議事録に記名捺印する。


第6章 役員・顧問及び職員


(役員の設置)

第20条 この法人に次の役員を置く。

(1) 理事10名以上15名以内

(2) 監事3名以内

2 理事のうち1名を理事長、2名を副理事長、1名を常務理事とする。

3 前項の理事長をもって一般法人上の「代表理事」とし、常務理事をもって同法上の「業務を執行する理事と」する。

(役員の選任)

第21条 理事及び監事は、評議員会の決議によって選任する。

2 理事長、副理事長、常務理事は、理事会の決議によって理事のなかから選定する。

(理事の職務及び権限)

第22条 理事は、理事会を構成し、法令及びこの定款で定めるところにより、職務を執行する。

2 理事長は、法令及びこの定款で定めるところにより、この法人を代表し、その業務を執行し、副理事長は、理事長を補佐する。また、常務理事は、この法人の業務を分担執行する。