定款7P


第7章  理事会

(構成)
第29条 理事会は、すべての理事をもって構成する。
 理事会の議長は、理事長これに当たる。
(権限)
第30条 理事会は、次の職務を行う。
(1) この法人の業務執行の決定。
(2) 理事の職務の執行の監督。
(3) 理事長、副理事長及び常務理事の選定及び解任。
(招集)
第31条 理事会は、理事長が招集するものとする。
 理事長が欠けたとき又は理事長に事故があるときは、副理事長が理事会を招集する。
 理事会の招集は、10日前に各理事に通知しなければならない。
(決議)
第32条 理事会の決議は、決議について特別の利害関係を有する理事を除く理事の過半数が出席し、その過半数をもって行う。
(決議の省略)
第33条 理事が理事会の目的である事項について提案した場合において、当該提案につき理事(当該事項について決議に加わることが出来るものに限る。)の全員が書面又は電磁的記録により同意の意思表示をしたとき(監事が当該提案について異議を述べたときを除く。)は、当該提案を可決する旨の理事会の決議があったものとみなす。
(議事録)
第34条 理事会の議事については、法令で定めるところにより、議事録を作成する。
 出席した理事長及び監事は、前項の議事録に記名押印する。


第8章 会員


第36条 この法人の目的に賛同した個人。団体及び企業を会員とすることができる。
 会員に関し必要な事項は、理事会の決議により別に定める。