苦情解決について

1.苦情解決体制
  ・苦情解決責任者 : 法人代表者
  ・苦情受付    : 園長
  ・第三者委員   : 谷戸地区から3名の方にお願いしております。
            構成員は玄関ホールに掲示しています。

2.苦情の際は上記体制のいずれかにご相談下さい。

 

3.苦情およびその解決状況について

平成26年9月
   (苦情内容)送迎用駐車場の大家さんから「保育園利用者の車が、混雑時に駐車場通路に乗り捨てられ
         ていることが度々あり、他の車が身動き出来ずに非常に困っている」との強い苦情があり
         ました。
   (対処)  直ちに全ての保護者の方にお手紙を書き、そのようなことが無いようにお願いしました。
    

平成26年10月 
   (苦情内容)お帰りの際に自主性を重んじて、4・5歳児クラスではお便りノートを児童各人が自分で
         バッグに入れていました。その際に、他児童のノートを誤って自分のバッグに入れてしま
         う事象が発生しました。
         これに対する保護者の方からの苦情がありました。
   (対処)  直ちに、児童の自主性を重んじつつ、ノートは保育士が直接バッグに入れるように変更しま
         した。

平成26年12月
   (苦情内容)送迎用駐車場の一般利用者から保育園に「出入りの際に保育園保護者のマナーが悪すぎる」
         とのクレームが入りました。大家さんに謝罪にいったところ、「問題はそれだけではなく、
         ・一方通行を逆走する車が後を絶たず、注意すると居直られる。
         ・急発進して跳ね上げた石が駐車場内の一般車両に傷を付けることが何度かある。
         その他細かいトラブルが多発している。」との話しが出て、4月以降の駐車場の継続使用が
         困難となりました。
   (対処)  近隣駐車場も同じ大家さんの所有地であり、借用は困難とのことでした。よって、今後の
         送迎用駐車場の設置は無理な状況になりました。大家さんは日頃から保育園運営に非常に
         理解を示し協力的でしたので、マナーを守らない一部の保護者によりこのような事態
         に陥ってしまったことが非常に残念でなりません。
         駐車場がなくなることにより、送迎時に近隣の方の家の前に違法に路上駐車することが懸念
         されます。ご迷惑をおかけしないよう、適切に対処を行う予定です。
平成28年4月
   (苦情内容)園庭の砂が舞い上がり、近隣の家に飛んでくるので、対処してほしい。
   (対  処)翌日、園庭フェンス周囲に高さ90p程度の樹脂板を貼り、砂の舞い上がりを極力防止しました。
         園庭の砂を極力取り除きました。
         境界付近の園庭に人口芝を貼りました。
平成28年5月
   (苦情内容)隣の畑に園児が小石を入れるので、対処してほしい。
   (対  処)境界のフェンスにグリーンフェンスを貼り、極力園児が小石を入れられないようにしました。



このページの先頭へ