当山と松下家、井伊家とのゆかり

Related to the Matsushitas and the Iis

〜秀吉公・家康公・直政公 養育の里〜 

頭陀寺はかつて天竜川下流にあった広大な「川匂荘(かわわのしょう)」の現地荘官として、
四十六所明神 [ 現在は津毛利(つもり)神社と改称 ] とともに荘園の中核をなしました。
荘園管理、役所(群代)として発展した屋敷が松下屋敷と思われます。
往時には多くの塔頭(たっちゅう)寺院をかかえ、寺域も広く、門前には市場もたちました。

当時の境内には戦国大名今川氏に仕えた武将松下之綱の屋敷があり、ここ一帯は別名頭陀寺城とも呼ばれました。
松下屋敷には、少年時代の豊臣秀吉が天文 20 年(1551)から三年にわたり奉公していたと記録にあり、
この寺の付近には鎌砥池(かまとぎいけ)や目刺橋(めざしはし)など秀吉にかかわる伝承地も残っています。
竹千代(家康幼少期)の代、今川家の捕虜となっていた頃、雄踏の中村代官屋敷より馬にて度々頭陀寺を訪れていました。
次女(三女?)は三方原合戦で戦死した夏目次郎三衛門に嫁ぎ、子孫には文豪 夏目漱石がいます。  

なお松下氏の一族は井伊氏とも近く、父・直親(なおちか)を殺された幼少の井伊直政を匿い、
母の再婚相手となった松下源太郎 [ 清景 ] が直政(なおまさ)を養子として、今川氏の追手から保護しました。
また、松下之綱の長女は柳生宗矩に嫁ぎ、剣聖 柳生十兵衛を生んでいます。
 その後今川氏に反攻した松下氏や飯尾氏らとの攻防で、永禄 7 年(1564)頭陀寺は炎上してしまいましたが、
後年、縁のあった豊臣秀吉、徳川家康の寄進により復興しました。

井伊家 家系図(略図)

井伊家 家系図(略図)

松下屋敷 敷地図

松下屋敷 敷地図