ご存知ですか・・・心のケアの相談窓口を!
イラスト


犯罪や事故の被害にあわれた方やご家族の方に!
ためらわず話す勇気が、心のケアの第一歩です。

●相談電話●

022-301-
 な や み ゼロ
7830
毎週 火・水・木・金  午前10時〜午後4時
(面接相談は要予約)
(月曜日は予約の相談日となります)
相談・直接支援無料・秘密厳守


 更新情報
           
2017年7月 理事長あいさつ』、『当センター組織』更新 他
2016年9月 理事長あいさつ』、『当センター組織』更新 他
2015年8月 理事長あいさつ』、『当センター組織』更新 他
2014年9月 『県民のつどい公開公演会』のお知らせ
2014年4月 『性暴力被害相談支援センター宮城(けやきホットライン)』を併設 他 
2012年8月 『理事長あいさつ』、『当センター組織』更新 他
2011年9月 『理事長あいさつ』、『当センター組織』更新 他
『おしらせ』更新
 ⇒ 『平成22年度決算の概要報告』『県民のつどい公開講演会』
2010年10月 『理事長あいさつ』、『当センター組織』、『かけはし』更新
『おしらせ』更新
 ⇒ 『平成21年度決算の概要報告』『県民のつどい公開講演会』
2009年10月 『理事長あいさつ』、『当センター組織』更新
2008年10月 『理事長あいさつ』更新 
2008年9月 『センター移転』 住所変更
2007年8月 『理事長あいさつ』、『当センター組織』、『Q&A』、『かけはし』更新
2006年5月 『理事長あいさつ』、『当センター組織』更新
2005年8月 『理事長あいさつ』、『当センターについて』更新
2004年8月 『理事長あいさつ』、『当センターについて』更新
2003年9月 センター名変更に伴い、全面的にリニューアル
2002年6月 『会長あいさつ』、『当センターについて』 更新
2002年2月 『当センターについて』、『会報「かけはし」』、『相談員雑感』 更新
2001年8月 「みやぎ被害者支援センター」ホームページ開設



 理事長あいさつ

 東日本大震災発生から6年余が経過し、捜索活動の継続的な取り組みや復旧・復興も道半ばにあるなど、震災で負った心が未だ癒えぬまま過ごされている方々もいられると思います。

 また、こうした状況の中、子どもや女性、高齢者の方々が被害者となる心を痛める事件・事故の発生が、依然として後を絶たない状況が見られます。

 こうした厳しい社会情勢の中にもかかわらず、当支援センターの活動に多くの皆様から温かいご支援とご協力を賜っていることに対しまして衷心より感謝を申し上げます。

 さて、犯罪被害者支援活動も、社会の大きなうねりの中で確かな歴史を刻んで参りました。

 平成17年4月、「犯罪被害者等基本法」が施行され、平成19年6月には、「刑事訴訟法」の改正により被害者が裁判に参加できる「被害者参加制度」が導入されるなど、法整備とともに、犯罪被害者等の視点に立った支援が途切れることなく着実に歩み続けております。今年度は昨年度策定された「第3次犯罪被害者等基本計画」の2年目として、被害者支援に対するより一層踏み込んだ取り組みとその成果を上げることが求められております。

 当支援センターといたしましても、宮城県、宮城県警察、各市町村、関係機関・団体との連携を密にし、「平成29年度事業計画」に沿った活動を鋭意推進して参りたいと考えております。

 また、宮城県から委託を受けております「性暴力被害相談支援センター宮城」〜けやきホットライン〜の事業活動も3年目に入り順調に推移していることをご報告いたします。
 これも偏に皆様のご支援の賜と重ねて感謝を申し上げます。

 当支援センターでは、引き続き、関係機関団体と緊密な連携のもと、ご指導とご支援をいただきながら、「途切れることのない被害者の視点に立った支援活動」をモットーに関係者一同、更なる努力をして参りたいと考えております。

 今後とも皆様の変わらぬご指導とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

                                             三輪 佳久